Header image  

生物多様性進化分野

東北大学大学院生命科学研究科

 
 
 
 

 生物学の多くの分野は、生物の様々な性質が“どのように”なっているのか?また、“いかに”機能するのか?という問いに答えようとするものです。しかし、“なぜ”そうなっているのか?という問いに答えられるのは進化生物学です。進化のメカニズムを解明するためには、分子生物学の成果だけでなく、集団遺伝学や生態学などのマクロなレベルを扱う分野の研究が不可欠です。ミクロな現象を扱う分野とマクロな現象を扱う分野の学際的な研究が今後ますます必要になってくると思います。

 また、近年、生物多様性が急激に消失している現状に対して、様々な研究が行われてきています。生物の多様性は、生態学的な相互作用の他に、進化的な応答によって、その安定性が保たれています。そのため、生物多様性の維持には、進化学からのアプローチが重要になってきています。
 


研究室の関係する分野

進化生物学、生態学、保全生物学

研究室のめざすもの

 現在、ゲノム解析や分子生物学などミクロなレベルでの生物学の進展はめざましいものがあります。しかし、最終的に生物の個体レベルや集団、生態系レベルでの現象を理解、解明するためには、ミクロなレベルの研究だけでは不可能です。ゲノム解析、分子レベルでの解析や知識も用いながら、マクロなレベル (個体の行動、集団、生態系など)でのプロセス(生態学的、集団生物学的)を重視して新しい視点で生物の進化や生態的現象の解明をめざします。また、そのような基礎研究をもとに、生物多様性保全の研究にも取り組みます。

 

詳しくは、研究室のページをご覧ください。


- 河田研究室(Klabo Wiki)

- 学生およびスタッフ

- 河田雅圭のページ

- 研究内容紹介

- 研究成果紹介