マルハナバチ国勢調査
画像 画像 画像 画像 画像 画像

 

調査方法

携帯電話やスマートフォン、デジタルカメラで、マルハナバチの写真を撮影し、その写真を添付したメールを以下のアドレスに送付してください。

送り先
  hanamaru.maruhana.870'a'gmail.com ['a'の代わりに@を入れてください]
件名
  マルハナバチ全国調査
本文
  以下のことを記載してください。

●撮影した場所のできるだけ詳しい住所、撮影した日付を記載してください。撮影場所の範囲が広すぎて1km以内に収まらない場合、撮影場所を確認するメールを送信元へ返信します。
●もし、質問がある場合やフィードバックがほしい場合は、返信希望と本文に記載してください。
●もしマルハナバチが訪れた花の名前、や撮影した環境(平地か高原か、草原や湿地、林の縁、林の中など)などがわかると役にたつ場合があります。
●花まるランキングに参加される方、およびマルハナ調査員に登録される方は、最初の画像メールを送付する時に必要事項を記載して下さい。詳しくは、こちら


付記

  1. 送付された写真をもとに研究グループメンバーで種を同定します。種同定後、情報を公開します。情報公開には時間がかかる場合もありますが、どうぞご容赦ください。
  2. 撮影した位置座標(緯度経度)がわかる方は、本文に記載して頂くと助かります。グーグルマップなどで調べることができます。
  3. ミツバチやクマバチなど、他のハチの情報も歓迎します。
  4. マルハナバチかどうかわからない場合も送付してください。
  5. 稀少種は非公開になります。
  6. 送信にかかる通信料は、送信者の負担になります。また、写真の著作権は東北大・山形大に移譲されます。
  7. 写真は撮影日ごとに登録されるので、昔に撮影した写真を送って頂いてもかまいません。
  8. 提供された写真および撮影場所は、ウェブ上で公開されます。また、マルハナバチ国勢調査研究グループが、研究活動や広報活動、その他非営利活動に使用する場合があります。公開された情報は、こちら
  9. 返信希望の方は、hanamaru.maruhana.870'at'gmail.com (at=@)からのメールを受信可能に設定してください。携帯メールの方で、こちらからのメールが届かないことがあります。

 

機種ごとの方法

iPhoneの場合Androidの場合GPS機能付き携帯電話の場合GPS機能付きデジカメの場合GPS機能がない場合

iPhoneの場合

①カメラで写真をとる。
②とった写真を選択し、メールで送信する。
※ 撮影前に、<設定>→<プライバシー>→<位置情報サービス>が「オン」(カメラの項目も「オン」にしてください)になっているか確認してください。

 

Androidの場合

①カメラで写真をとる。
②とった写真を選択し、メールで送信する。
※ 撮影前に、<基本機能設定>→<設定>→<位置情報アクセス>が「オン」になっているか確認してください。

 

GPS機能付き携帯電話の場合

※ 携帯電話の操作方法は機種により異なります。以下はあくまでも一例です(画面はタンポポ調査の例です)。

1

①携帯電話のEメールメニューを起動し、新規作成を選択する。

  2

②宛先に指定されたメールアドレスを設定する。

3

③件名に指定された名称を入力する。

  4

④添付メニューで「フォト撮影」を選択する。

5

⑤指定された被写体を撮影する。

  6

⑥撮影した情報に位置情報を埋め込みます。サブメニューよりGPSを起動し、現在値の位置を取得する。

7

⑦本文に指定された内容を記入する。

 

⑧送信ボタンを押し、メールを送信する。以上で登録は完了です。

博士

 

GPS機能付きデジカメの場合

①カメラで写真をとる。
②とった写真をパソコンに取り込み、メールで送信する。
※ 写真をソフトで編集すると、GPSデータが消去されてしまうことがあるので、なるべくそのまま送信してください。

GPS機能がない場合

①カメラで写真をとる。
②とった写真を選択し、メールで送信する。
※ メールの本文に、撮影日時と、撮影場所の詳細な住所または緯度経度を調べて、記載してください。記載のない場合は、調査データとして使用できません。

 

マルハナバチ撮影のポイント

マルハナバチの種類は、胸や腹部のカラーリングや頭の形などで識別します。正確な種名を調べるためには、以下のような部分が写っていることが大切です。

(1)胸から腹部にかけての背面 (最も重要!)
(2)体の側面
(3)正面

h s
①背面 最も撮影しやすく、種名を調べるために必要な情報も多く得られます。ただし、胸を中心にすると、腹部の先端部(腹端)が見えにくくなることが多い欠点があります。 ②側面 ①の欠点を補ってくれますが、逆に胸の背面の色がわかりにくくなる恐れがあるという欠点があります。 ③正面 頭の形はよくわかりますが、毛の色の情報は得られにくいという欠点があります。

1枚だけなら「背面」を撮影し、さらに写真が撮れる場合は「側面」、「正面」の順で撮影に挑戦してみて下さい。

同時に、何の花に来ているのか、周辺の環境はどうなのかなどの情報も大切です。マルハナバチを撮影すれば、同時に花も写る場合が多いですが、花の名前がわかれば、テキスト情報(メールの本文)に書き込んでいただけると種名を調べる参考になることがあります。また、撮影した環境(平地か高原か、草原や湿地、林の縁、林の中など)が種名を調べる時に役に立つこともありますので、これらについてもわかればテキスト情報に書き込んで下さい。

Twitter
[マルハナバチ国勢調査 | Facebook]