2017

  • *上岡駿宏、鈴木啓、宇賀神篤、山口悠太、小野正人、河田雅圭:「熱殺蜂球形成に関わる候補遺伝子の同定」 ミツバチサミット, 2017年11月11-12日 筑波大学(ポスター発表)
  • *Takahashi, M. Y. Takahashi, T. Makino, M. Kawata (2017). Identifying genes relating to different morphs in female-limited polymorphisms of the damselfly, Ischnura senegalensis, The 5th International Entomophagous Insects Conference. みやこめっせ(ポスター発表)
  • *Taisuke Hori, Daiki Sato, Takashi Makino, and Masakado Kawata; The evolution of the noncoding-sequence in the human duplicated regions. 第6回生命医薬情報学連合大会 (IIBMP 2017), 2017年9月27-29日, 北海道大学(ポスター発表)
  • *Sato, D. and M. Kawata: Interactive effects of the VMAT1 genotype with life environments and experience of the Great East Japan Earthquake on mental states. 第6回生命医薬情報学連合大会 (IIBMP 2017), 2017年9月27-29日, 北海道大学(ポスター発表)
  • *石井 悠・鎌田 このみ・高橋 俊一・皆川 純・丸山 真一朗・河田雅圭:「栄養要求性サンゴ共生藻を用いた刺胞動物の細胞内共生システムの解析」日本動物学会第88回富山大会,2017年9月21-23日,富山県民会館(ポスター発表)
  • *玉川克典、須之部友基、小林靖尚、牧野能士、河田雅圭:「双方向性転換魚の脳における遺伝子発現解析」 日本動物学会第88回富山大会,2017年9月21-23日 富山県民会館(口頭発表)
  • *佐藤大気・河田雅圭:「VMAT1遺伝子型と生活環境・震災体験の相互作用がヒトの精神に与える影響」 日本遺伝学会第89回大会, 2017年9月13-9月15日 岡山大学津島キャンパス(ポスター発表)
  • *玉川克典、須之部友基、小林靖尚、牧野能士、河田雅圭:「魚類の性転換時に生じる遺伝子発現変化の解析」 日本遺伝学会第89回大会, 2017年9月13-9月15日 岡山大学津島キャンパス(ポスター発表)
  • 石井悠、鎌田このみ、高橋俊一、皆川純、河田雅圭、*丸山真一朗:「非モデル生物時代に敢えてサンゴ共生藻をモデル生物にしようとする試みについて」日本植物学会第81回大会、2017年9月8日-10日、東京理科大学(口頭発表)
  • *玉川克典、須之部友基、小林靖尚、牧野能士、河田雅圭:「迅速な行動の性転換に関与する遺伝子の探索」 行動2017(日本動物行動学会関連学会・研究会 合同大会), 2017年8月30-9月1日 東京大学駒場キャンパス(ポスター発表)
  • *石井 悠・鎌田 このみ・高橋 俊一・皆川 純・丸山 真一朗・河田雅圭:「サンゴ共生藻の遺伝子導入法開発に向けた栄養要求性変異株の樹立」環境微生物系学会合同大会,2017年8月29-31日,東北大学川内北キャンパス(ポスター発表)
  • *玉川克典、須之部友基、小林靖尚、牧野能士、河田雅圭:「双方向性転換魚の迅速な性転換にともなう脳内の遺伝子発現変化の検出」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *稲田垂穂・津山研二・牧野能士・杉本亜砂子・河田雅圭: 「Caenorhabditis属における体サイズの進化」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *金森駿介、Antonio Cádiz、L. M. Díaz、河田雅圭: 「異なる温度環境に生息するアノールトカゲにおける概日リズム」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *堀泰輔、佐藤大気牧野能士、河田雅圭:「ヒトゲノム中の重複領域における非コード配列の進化」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *高橋迪彦、高橋佑磨、牧野能士、河田雅圭:「雌多型をもつアオモンイトトンボにおける性的擬態の遺伝的基盤」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *Pinglin Cao & Takashi Makino:「Identification of regeneration related genes in animals by transcriptome analysis and comparative genomics」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *上岡駿宏、鈴木啓、宇賀神篤、山口悠太、小野正人、河田雅圭:「ニホンミツバチにおける熱殺蜂球形成の遺伝的基盤の解明」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *浜端朋子牧野能士:「絶滅危惧植物における遺伝的多様性の低下と有害変異の蓄積」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *酒井祐輔、河村正二、河田雅圭:「グッピーにおいて錐体オプシン遺伝子の多型が 色覚およびメスの配偶者選好性に与える影響」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(口頭発表)
  • *赤司寛志、Antonio Cádiz Díaz、齋藤茂、富永真琴、牧野能士、河田雅圭:「キューバのアノールトカゲにおける異なる温度への適応と温度感受性の関連」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(シンポジウム口頭発表)
  • *玉川克典、須之部友基、小林靖尚、牧野能士、河田雅圭:「双方向性転換魚の迅速な性転換にともなう遺伝子発現変化の検出」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *佐藤大気・河田雅圭: 「VMAT1遺伝子型と生活環境・震災体験の相互作用がヒトの精神に与える影響」 日本進化学会第19回大会, 2017年8月24-26日 京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • *石井 悠・Antonio Cádiz・Luis M. Díaz・Karolis Janusevicius・赤司寛志・丸山真一朗・河田雅圭:「森林から半砂漠環境への適応進化の遺伝的基盤の解明:キューバアノールトカゲを用いて」日本進化学会第19回大会,2017年8月24-26日,京都大学吉田キャンパス(ポスター発表)
  • 河田雅圭:「個体間の変異と進化のポテンシャル:今後の進化学の展望も交えて」日本進化学会第19回大会,2017年8月24-26日,京都大学吉田キャンパス
  • Nakayama, T. "Non-photosynthetic evolution of photosynthetic bacteria living inside a cell" 3rd Annual Data Science in Life Science and Engineering Collaboration and Symposium, Cleveland, USA, August 2-4, 2017 (Symposium)
  • *P. Cao & T. Makino: Regeneration evolution in animals. Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution 2017, Austin, USA, July 2-6, 2017 (Poster)
  • *Sato, D., T. Makino and M. Kawata: What can natural selection on VMAT1 gene tell us about the evolution of personality traits in human? Annual Meeting of the Society for Molecular Biology and Evolution 2017, Austin, USA, July 2-6, 2017 (Poster)
  • *石井 悠・Antonio Cádiz・Luis M. Díaz・Karolis Janusevicius・赤司寛志・丸山真一朗・河田雅圭:「アノールトカゲの高温乾燥地帯への適応機構:自然選択の検出と発現変動遺伝子から」NGS現場の会 第五回研究会,2017年5月22-24日,仙台国際センター(ポスター発表)

2017年度


  • *鈴木 啓, 尾崎克久, 牧野能士, 内山博允, 矢嶋俊介, 河田雅圭:「味覚受容体遺伝子から辿るジェネラリスト植食者の進化」第61回日本応用動物昆虫学会大会,2017年3月27-29日,東京農工大学(ポスター発表)
  • 中山卓郎:「細胞内共生シアノバクテリアから見るオルガネラ獲得進化」第90回日本細菌学会総会,2017年3月21日,仙台国際センター(シンポジウム)
  • 丸山真一朗:「葉緑体の起源について」第90回日本細菌学会総会、2017年3月21日、仙台国際センター(シンポジウム)
  • *須田 亜弥子, 長太 伸章, 佐藤 光彦, 成松 庸二, Hassan H Nadiatul, 河田 雅圭:「日本近海に生息するマダラの集団構造と自然選択の検出」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月14-18日,早稲田大学(口頭発表)
  • 稲田垂穂, 青木翔子, 酒井祐輔, 満行知花, 鶴井香織, 辻和希, 陶山佳久, 河田雅圭:「グッピーの“少数派好き”が受ける恩恵:カラーパターンの違いは遺伝的距離を反映するか?」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月15日,早稲田大学(口頭発表)
  • 小林知里・Perttu Anttonen・松尾和典・河田雅圭:「下草ー樹木ー病原菌ー植食者ー寄生者の関係性から無農薬リンゴ栽培を可能にする生態学的メカニズムを探る」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月16日,早稲田大学(ポスター)
  • 大野ゆかり、中静透、河田雅圭、横山潤、大野和則、Metira Banluesanoh、山口光太、岡谷貴之:人工知能からの挑戦状 〜人工知能は生態学者の同定能力を超えるのか?〜 日本生態学会第64回全国大会,2017年3月16日,早稲田大学(ポスター)
  • *浜端朋子牧野能士:「絶滅危惧植物における遺伝的多様性の低下と有害変異の蓄積」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月16日,早稲田大学(シンポジウム)
  • *高橋迪彦・高橋佑磨・牧野能士・河田雅圭:「アオモンイトトンボの雌における雄擬態型の遺伝的基盤」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月15日,早稲田大学(口頭発表)
  • *鈴木 啓, 尾崎克久, 牧野能士, 内山博允, 矢嶋俊介, 河田雅圭:「味覚受容体遺伝子から辿るジェネラリスト植食者の進化」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月14-18日,早稲田大学(ポスター発表)
  • *酒井祐輔,大槻 朝,笠木 聡,河村正二,河田雅圭:「グッピーにおいてオプシンの遺伝子多型と発現量変化が光感受性とメスの配偶者選好性に与える影響」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月14-18日,早稲田大学(口頭発表)
  • *石井 悠・Antonio Cádiz・Luis M. Díaz・Karolis Janusevicius・赤司寛志・丸山真一朗・河田雅圭:「森林から半砂漠環境への適応進化の遺伝的基盤の解明:キューバアノールトカゲを用いて」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月14-18日,早稲田大学(ポスター発表)
  • 河田雅圭:「ゲノムビッグデータを用いた生態学・進化学研究」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月15日,早稲田大学(シンポジウム)
  • *香取拓郎・牧野能士・小黒芳生・河田雅圭:「植物種の分布の拡大と維持の能力に影響する生態的・遺伝的形質」日本生態学会第64回全国大会,2017年3月15日,早稲田大学(ポスター発表)

2016

  • *玉川克典・須之部友基・小林靖尚・牧野能士・河田雅圭:「オキナワベニハゼ脳内における性ホルモン受容体遺伝子の性転換に伴う発現量変化」第41回日本比較内分泌学会大会, 2016年12月9日-11日, 北里大学相模原キャンパス(ポスター発表)
  • 小林知里・Perttu Anttonen・松尾和典・河田雅圭:「下草ー樹木ー病原菌ー植食者ー寄生者の関係性から無農薬リンゴ栽培を可能にする生態学的メカニズムを探る」 種生物学会第48回大会,2016年12月2日-4日,キロロ・トリビュート・ポートフォリオホテル(ポスター)
  • 大野ゆかり、中静透、河田雅圭、横山潤、大野和則、Metira Banluesanoh、山口光太、岡谷貴之:人工知能からの挑戦状 〜人工知能は生態学者の同定能力を超えるのか?〜 種生物学会第48回大会,2016年12月2日-4日,キロロ・トリビュート・ポートフォリオホテル(ポスター)
  • *Katsunori Tamagawa, Tomoki Sunobe, Yasuhisa Kobayashi, Takashi Makino, Masakado Kawata: "Comparison of sex hormone receptor gene expression levels during the behavioral sex change in the hermaphrodite goby, Trimma okinawae", The Joint meeting of the 22nd International Congress of Zoology (ICZ) & the 87th meeting of the Zoological Society of Japan, 14-19 November 2016, Okinawa, Japan.
  • *丸山真一朗:「刺胞動物と渦鞭毛藻の共生系はどれくらい「植物的」か」日本植物学会第80回大会、2016年9月16日-19日、沖縄コンベンションセンター(シンポジウム)
  • *Maruyama, S., Y. Suzuki-Ohno, M. Kawata. "The scope of the principle of parsimony in inferring the origins of evolutionary characters" The 13th International Colloquium on Endocytobiology and Symbiosis ‘ICES 2016 Kyoto’. 2016 Sep 10-14. Kyoto, Japan. (Oral)
  • *佐藤大気牧野能士・河田雅圭:「精神疾患関連遺伝子に探るヒトの社会的認知機能の進化」第88回日本遺伝学会, 2016年9月7-9日, 日本大学三島キャンパス(口頭発表)
  • *丸山真一朗、大野ゆかり、河田雅圭:「進化的形質の起源推定における最節約原理の有効性について」第10回生物学基礎論研究会、2016年9月6日-7日、慶應義塾大学日吉キャンパス(口頭発表)
  • *金森駿介・赤司寛志・Antonio Cádiz・Luis M. Díaz・佐藤大気牧野能士・河田雅圭:「開放高温環境へ適応進化したキューバのアノールトカゲにおいて正の選択を受けた遺伝子の検出」第18回日本進化学会,2016年8月25-28日,東京工業大学(ポスター発表)
  • *石井 悠・Antonio Cádiz・Luis M. Díaz・Karolis Janusevicius・赤司寛志・丸山真一朗・河田雅圭:「高温乾燥地帯に適応したアノールトカゲ集団の遺伝的構造と適応遺伝子」第18回日本進化学会,2016年8月25-28日,東京工業大学(ポスター発表)
  • *高橋迪彦・高橋佑磨・牧野能士・河田雅圭:「アオモンイトトンボにおける性的二型と雌多型に関連する遺伝子の探索」第18回日本進化学会,2016年8月25-28日,東京工業大学(ポスター発表)
  • *池本篤史・佐藤大気牧野能士・河田雅圭:「哺乳類・鳥類の飛翔能力獲得・喪失に伴う最大寿命の進化的変化に関わる遺伝子の検出」第18回日本進化学会,2016年8月25-28日,東京工業大学(ポスター発表)
  • *佐藤大気牧野能士・河田雅圭:「ヒトの社会的認知機能の進化に寄与したアミノ酸変異の検出」第18回日本進化学会,2016年8月25-28日,東京工業大学(ポスター発表)
  • *鈴木 啓, 尾崎克久, 牧野能士, 内山博允, 矢嶋俊介, 河田雅圭:「味覚受容体遺伝子から探るタテハチョウ類のホストレンジの進化」第18回日本進化学会,2016年8月25-28日,東京工業大学(ポスター)
  • *酒井祐輔,稲田垂穂,青木翔子,鶴井香織,満行知花,陶山佳久,辻 和希,河田雅圭:「沖縄の移入グッピー集団における色覚の遺伝的分化」第18回日本進化学会,2016年8月25-28日,東京工業大学(ポスター発表)
  • *稲田垂穂, 河田雅圭:「グッピーにおける配偶者選好性の遺伝基盤の探索」第2回ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会, 2016年8月21日, 岡崎コンファレンスセンター
  • Noriyuki, S. and Y. Takahashi. Effects of color polymorphism on population performance in damselflies and butterflies, Evolution 2016, Texas, USA, June 17-21, 2016.
  • Noriyuki, S. and Y. Takahashi. Ecological consequences of wing color polymorphism in Colias: Diversity promotes population-level success, 国際研究集会「蝶の斑紋多様性の理解に向けた統合的アプローチ」, 2016年8月1-3日.
  • *Sato, D., T. Makino, M. Kawata. Detection of Amino Acid Substitutions 
Contributing to Cognitive and Social Abilities in Human. The 39th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuroscience 2016). Pacifico Yokohama. Jul 20-22. (Poster)
  • *Suzuki, H., K. Ozaki, T. Makino, H. Uchiyama, S. Yajima, M. Kawata. Gustatory receptor gene repertoires linked to host range variation in nymphalid butterflies. 17th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT2016). Pacifico Yokohama. Jun 7. (Poster)
  • *Ayako Suda, Nobuaki Nagata, Mitsuhiko Sato, Yoji Narimatsu, Nadiatul H. Hassan, Masakado Kawata:Population genomics of Pacific cod in Japanese waters identifies fine scale population structure. The 7th World Fisheries Congress May 23—27, 2016, Busan, Korea. (Oral presentation) 2016年度

  • *須田亜弥子長太伸章佐藤光彦・成松庸二・河田雅圭:「日本近海に生息するマダラの集団構造の解明と自然選択の検出」平成 28 年度日本水産学会春季大会, 2016年3月27日, 東京海洋大学 (ポスター発表)
  • *鈴木 啓, 尾崎克久, 牧野能士, 内山博允, 矢嶋俊介, 河田雅圭:「チョウ類のホストレンジを決定する遺伝的基盤」日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会 合同大会, 2016年3月28日, 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス (ポスター発表)
  • *玉手智史, 森英章, Brian J. Canposano, Kenneth L. Krysko,舟山亮,中山景子,牧野能士,河田雅圭:「小笠原に侵入したグリーンアノールの進化的変化の検出と集団ゲノム解析」第63回日本生態学会, 2016年3月21日, 仙台国際センター(口頭発表)
  • *赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 齋藤 茂, 富永真琴, 牧野能士, 河田雅圭:「アノールトカゲにおける高温センサーTRPA1チャネルと高温忌避行動との関連」第63回日本生態学会, 2016年3月22日, 仙台国際センター(口頭発表)
  • *Sakai, Y., H. Ohtsuki, S. Kasagi, S. Kawamura, M. Kawata. The effects of light environment during the growth on the expression levels of cone opsin genes and behavioral spectrum sensitivity in the guppy, Poecilia reticulata. 第63回日本生態学会, 2016年3月22日, 仙台国際センター, 仙台 (口頭発表)
  • *鈴木 啓, 尾崎克久, 牧野能士, 内山博允, 矢嶋俊介, 河田雅圭:「チョウ類のホストレンジを決定する遺伝的基盤」第63回日本生態学会, 2016年3月21日, 仙台国際センター (自由集会「植物と昆虫の共進化から生物群集の形成過程をさぐる」)
  • *高橋迪彦, 高橋佑磨, 牧野能士, 河田雅圭:「アオモンイトトンボにおける雌特異的な色彩多型間での発現量変動遺伝子の検出」第63回日本生態学会, 2016年3月22日, 仙台国際センター(ポスター発表)
  • *稲田垂穂, 佐藤綾, 牧野能士, 河田雅圭:「グッピーのメスの脳で発現する配偶者選好行動に関わる遺伝子」第63回日本生態学会, 2016年3月22日, 仙台国際センター(ポスター発表)
  • 河田雅圭:「ミクロ生物学分野が取り組む生態学の課題」第63回日本生態学会2016年3月24日, 仙台国際センター
  • *香取拓郎, 牧野能士, 河田雅圭:「植物種の生育域環境多様性を決定する遺伝的・生態的形質」第63回日本生態学会, 2016年3月22日, 仙台国際センター(ポスター発表)

2015

  • *稲田垂穂, 佐藤綾, 牧野能士, 河田雅圭:「グッピーの脳における遺伝子発現パターンが配偶者選好性に与える影響」第34回日本動物行動学会, 2015年11月20日, 東京海洋大学品川キャンパス(ポスター発表)
  • *Takashi Makino:「High dosage sensitivity of genes maintained after whole genome duplication」第38回日本分子生物学会, 2015年12月1日, 神戸ポートアイランド(シンポジウム)
  • *Shinichiro Maruyama, Yusuke Aihara, Takeshi Yamaguchi, Katsushi Yamaguchi, Shuji Shigenobu, Hiroki Takahashi, Masakado Kawata, Naoto Ueno, Jun Minagawa: Transcriptomic responses to elevated temperature in cnidarian-dinoflagellate endosymbiosis. 2nd International Symposium 'Matryoshka-type Evolution of Eukaryotic Cells', University of Tsukuba. Oct 1, 2015 (poster)
  • *Nadiatul Hafiza Hassan, Ayako Suda, Yoshihisa Suyama, Yu Matsuki, Takashi Makino, Masakado Kawata : Genetic Structures and Divergent Loci in the Natural Populations of Walleye Pollock, Theragra chalcogramma . ICES Annual Science Conference 2015, 21 – 25 September Copenhagen, Denmark, September
  • *牧野 能士、Aoife McLysaght?:「全ゲノム重複後に維持された重複遺伝子の進化と疾患との関係」日本遺伝学会第87回仙台大会, 2015年9月25日, 東北大学川内キャンパス(ワークショップ)
  • *赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 重信秀治, 齋藤 茂, 富永真琴, 牧野能士, 河田雅圭:「第5回ホメオスタシスバイオロジーシンポジウム:温度受容と環境適応のメカニズム "アノールトカゲから迫る異なる温度環境における恒常性維持機構"」 日本動物学会第86回新潟大会, 2015年9月18日, 朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(シンポジウム)
  • *丸山 真一朗:「共生オルガネラの単一起源説における最節約原理の役割」第9回生物学基礎論研究会、2015年9月11日、東京農業大学オホーツクキャンパス(口頭発表)
  • *丸山 真一朗、鎌田このみ、大西紀和、山口勝司、重信秀治、河田雅圭、皆川純:「緑藻ゲノムリシーケンスにより親株を使わず迅速に変異遺伝子を同定する方法」日本植物学会第79回大会、2015年9月6日、朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター(口頭発表)
  • M.Kawata:Genetic factors limiting the range expansion in butterflies and damselflies」Internatinal symposium on Biological range shifts in response to climate change、2015年9月5日、University of Tokyo.
  • *Makino T and McLysaght? A:「Ohnologs in the human genome are dosage balanced and frequently associated with disease」日本進化学会第17回東京大会, 2015年8月20日, 中央大学後楽園キャンパス(シンポジウム)
  • *鈴木 啓、尾崎克久、牧野能士、河田雅圭:「チョウ類のホストレンジと味覚受容体遺伝子の関係」日本進化学会第17回東京大会, 2015年8月22日, 中央大学後楽園キャンパス(ポスター発表)
  • *稲田垂穂, 俵山寛司, 河田雅圭:「グッピーにおける遺伝子改変技術の開発」日本進化学会第17回東京大会, 2015年8月20日, 中央大学後楽園キャンパス(ポスター発表)
  • *玉手智史,森 英章,Kenneth L. Krysko, 牧野能士,河田雅圭:「小笠原諸島に侵入したグリーンアノールの進化的変化の検出と集団ゲノミクス解析」日本進化学会第17回東京大会, 2015年8月20日, 中央大学後楽園キャンパス(ポスター発表)
  • *Ayako Suda, Nobuaki Nagata, Yoji Narimatsu, Mitsuhiko P. Sato, Nadiatul H Hassan, Masakado Kawata. Population genomics of Pacific cod in Japanese waters identifies signature of selection and fine scale population structure from genome-wide markers. 145th American Fisheries Society Annual Meeting, 2015年8月20日, Portland, America (Oral).
  • *Sakai, Y., H. Ohtsuki, S. Kasagi, S. Kawamura, M. Kawata. Variation of absorption spectrum and gene expression pattern of red opsins under different light environments and its effect on behavioral spectral sensitivity in guppies, Poecilia reticulata. XVth Congress of the European Society for Evolutionary Biology, 13/Aug/2015, Lausanne, Switzerland (poster).
  • *Takahashi, Y., S. Noriyuki, M. Kawata. The demographic consequences of evolution of female polymorphisms in damselflies. XVth Congress of the European Society for Evolutionary Biology, 10/Aug/2015, Lausanne, Switzerland (poster).
  • *Akashi, H. D., A. Cádiz Díaz, S. Shigenobu, T. Makino, M. Kawata:「Whole transcriptome analysis on three Cuban Anolis lizard species adapting to different thermal microhabitats」European society for evolutionary biology, 2015年8月10日, Lausanne, Switzerland (poster)
  • *Ayako Suda, Yukari Suzuki-Ohno, Mitsuhiko P. Sato, Yoji Narimatsu and Masakado Kawata:「Different responses to water temperature in two distinct groups of Pacific cod (Gadus macrocephalus) inhabiting around Japan」3rd International Symposium of Effect of Climate Change on the World's Oceans,2015年3月23-27日,Santos City, Brazil(Oral)
  • *長太伸章角山智昭、矢後勝也、松木優、陶山佳久、河田雅圭:「蝶の分布北限の北上と停滞におよぼす遺伝子流動の影響」第62回日本生態学会,2015年3月21日,鹿児島大学(口頭発表)
  • *須田 亜弥子, 大野 ゆかり, 長太 伸章, 佐藤 光彦,成松 庸二, 河田 雅圭:「日本近海に生息するマダラの遺伝的分化と環境応答」第62回日本生態学会,2015年3月19日,鹿児島大学(口頭発表)
  • *酒井祐輔,大槻朝,笠木聡,河村正二,河田雅圭:「グッピーにおいて生息光環境の変化がオプシン遺伝子発現量と色覚に与える影響」第62回日本生態学会,2015年3月19日,鹿児島大学(口頭発表)
  • *佐藤光彦, 牧野能士, 河田雅圭:「野外集団由来キイロショウジョウバエの転写制御領域変異による発現量への自然選択」第62回日本生態学会,2015年3月21日,鹿児島大学(ポスター発表)
  • *赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, 重信秀治, 牧野能士, 河田雅圭:「温度選好性の異なるアノールトカゲにおける温度応答の網羅的遺伝子発現解析」第62回日本生態学会,2015年3月21日,鹿児島大学(ポスター発表)
  • *高橋佑磨:理論と自然の間から眺めた多様性の進化生態学.第62回 日本生態学会.2015年3月20日,日本生態学会宮地賞受賞講演,鹿児島.
  • *高橋佑磨.行動と色彩と遺伝子から生物の分布を解き明かす.第62回 日本生態学会,2015年3月21日,みんなのジュニア生態学講座,鹿児島.
  • *高橋佑磨・高倉耕一・河田雅圭.色彩特異的な繁殖干渉がもたらす花色の空間パターン.日本植物分類学会 第14回大会,2015年3月8日,福島大学,福島(口頭発表)

2014

  • *Ayako Suda, Nobuaki Nagata, Yoji Narimatsu, Nadiatul H Hassan, Masakado Kawata:"Population structure of Pacific cod (Gadus macrocephalus) around Japan: Ocean currents may act as ecological barriers" The 2nd Asian Marine Biology Symposium, October 2nd, 2014, Jeju, Korea (Oral presentation)
  • *高橋佑磨:「遺伝的多型の進化と人口学的動態へのインパクト」日本進化学会第16回大会,2014年8月21日,高槻現代劇場,高槻現代劇場(口頭発表)
  • *佐藤光彦,牧野能士,河田雅圭:「野外集団由来キイロショウジョウバエのコアプロモーター変異による発現量への自然選択」日本進化学会第16回大阪大会, 2014年8月22日, 高槻現代劇場(口頭発表)
  • *小林知里(企画者:鈴木紀之、山本哲史):「オトシブミの葉巻き〜体長1ミリのハチが進化のカギを握る?!〜」第16回日本進化学会大阪大会、2014年8月23日、高槻現代劇場(一般向け研究紹介「日本で進化する昆虫たち」)
  • *酒井祐輔,大槻朝,笠木聡,河村正二,河田雅圭:「グッピーにおいて光環境がオプシン遺伝子の発現量の変化におよぼす影響」日本進化学会第16回大阪大会,2014年8月22日,高槻現代劇場(口頭発表)
  • *Valentin Dacheux, Antonio Cádiz Díaz, Hiroshi D Akashi,Masakado Kawata「Difference in preferred body temperature among three Anolis lizards inhabiting different thermal habitats」日本進化学会第16回大阪大会, 2014年8月22日, 高槻現代劇場(ポスター発表)
  • *玉手智史、森 英章、Brian J. Camposano、Kenneth L. Krysko、牧野能士、河田雅圭「小笠原諸島に侵入したグリーンアノールの進化的変化の検出と集団ゲノム解析」日本進化学会第16回大阪大会, 2014年8月22日, 高槻現代劇場(ポスター発表)
  • *赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, Valentin Dacheux, Lazaro M. Echenique-Diaz, 牧野能士, 齋藤 茂, 富永真琴, 河田雅圭:「温度感受性から迫る温度微環境の生息地分割のメカニズム」日本進化学会第16回大阪大会, 2014年8月22日, 高槻現代劇場(口頭発表).
  • *高見泰興、福原知彦、横山潤、河田雅圭:「性的対立の人口学的帰結:雌雄交尾器の不均衡が集団サイズを低下させる」日本進化学会第16回大阪大会, 2014年8月21日, 高槻現代劇場(口頭発表).
  • *Emi Arai, Masakado Kawata :"Predator-prey interaction drive the evolution of red plumage trait in Barn Swallow Hirundo rustica gutturalis" 26th International Ornithological Congress, 2014 August 23, Rikkyo University, Tokyo (poster).
  • *大野ゆかり(企画者:大野ゆかり,河田雅圭):「携帯フォトシステム・Webの写真を利用した生物分布情報の抽出」第61回日本生態学会,2014年3月17日,広島国際会議場(シンポジウム「生態学におけるビッグデータの創出、抽出と解析」)
  • *玉手智史(企画者:赤司寛志,河田雅圭):「日本に侵入したグリーンアノールの進化 自由集会:生態学・進化学のモデル生物:キューバのアノールトカゲ」第61回日本生態学会,2014年3月14日,広島国際会議場(自由集会・口頭発表)
  • *小林知里, 河田雅圭:「葉巻きの作り方〜行動の種間比較からイクビチョッキリ族における植物加工の進化を考える〜」第61回日本生態学会,2014年3月17日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • *森田健二朗, 大野ゆかり, 長太伸章, 阿部愼太郎, 牧野能士, 河田雅圭:「沖縄に侵入したグリーンアノ−ルの分布拡大制限要因の解明」第61回日本生態学会,2014年3月16日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • *Ayako Suda, Nobuaki Nagata, Yoji Narimatsu, Nadiatul Hassan , Masakado Kawata : "Genetic variations and local differences in Pacific cod (Gadus macrocephalus) around Japan" 第61回日本生態学会,2014年3月15日,広島国際会議場(英語口頭発表)
  • * 西村悠紀,若狭甫,Antonio Cádiz Díaz,赤司寛志,牧 野能士,田村宏治,河田雅圭: "アノールトカゲにおいてニッチ形質である後肢 長の差異を生み出す遺伝子の検出" 第61回日本生態学会,2014年3月16日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • * 新井絵美,長谷川 克,酒井祐輔,長太伸章,牧野能士,河田雅圭: ツバメの雛の羽毛の赤色とチオレドキシン遺伝 子の発現量の関係" 第61回日本生態学会,2014年3月15日,広島国際会議場(英語口頭発表)
  • *赤司寛志, Antonio Cádiz Díaz, Lazaro M. Echenique-Diaz, 牧野能士, 齋藤 茂, 富永真琴, 河田雅圭:「キューバ産アノールトカゲの異なる温度環境への適応機構」第61回日本生態学会,2014年3月16日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • *玉手智史,牧野能士,森 英章,Kenneth L. Krysko,河田雅圭:「小笠原諸島に侵入したグリーンアノールの進化的 変化の検出」第61回日本生態学会,2014年3月16日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • 赤司寛志,河田雅圭:「生態学・進化学のモデル生物:キューバのアノールトカゲ」第61回日本生態学会,2014年3月14日,広島国際会議場(自由集会・口頭発表)
  • 高見泰興,福原知彦,横山潤, 河田雅圭:「性的対立の人口学的帰結:雌雄交尾器の不均衡 が集団サイズを低下させる」第61回日本生態学会,2014年3月14日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • *今野晋太朗,小口理一,尾崎洋史,松島野枝,河田雅圭,彦坂幸毅:「シロイヌナズナジェノタイプ 間の競争におよぼ す高 CO2 の影響」第61回日本生態学会,2014年3月14日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • * 安西航,大村文乃,Cádiz Díaz A.,東北大・生命,L. M. Echenique-Diaz,河田雅圭),遠藤秀 紀:「比較解剖学的アプローチで探る Anolis bartschi の性的二型」第61回日本生態学会,2014年3月14日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • 河田雅圭:「生態学・進化学に必要なビッグデータとその利用法とは」第61回日本生態学会,2014年3月17日,シンポジウム:生態学におけるビッグデータの創出、抽出と解析
  • *高橋佑磨,高倉耕一,河田雅圭:「二次的接触後のニワゼキショウ類における繁殖干渉と種内多型の進化」第61回日本生態学会,2014年3月17日,広島国際会議場(ポスター発表)
  • *高橋佑磨,高倉耕一,河田雅圭:「ニワゼキショウにおける色彩多型の維持と空間変異の成立機構」日本植物分類学会第13回大会,2014年3月21日,熊本大学(口頭発表)
  • *Makino T. Genome-wide deserts for copy number variation in vertebrates. SMBE Satellite Meeting "The Causes of Genome Evolution", Mishima, Japan, 2014.3.15 (poster)
  • *大野ゆかり・河田雅圭・中静透・馬奈木俊介「環境保全に関するアンケート調査と公共財ゲーム」 ゲーム理論ワークショップ (2014.3.2) 東京工業大学 (口頭発表)
  • *Makino T. Genome-wide deserts for copy number variation in vertebrates. Plant and Animal Genomics XXII, San Diego, USA, 2014.1.14 (oral)

2013

  • *高橋佑磨:「動物の行動から進化動態と個体群動態を眺める」日本動物行動学会 第32回大会.日本動物行動学会(口頭発表,受賞講演)
  • *高橋佑磨:個体群内の遺伝的多型の維持機構を検証する.第29回 個体群生態学会,2013年11月12日,大阪府立大学(口頭発表,受賞講演)
  • *Chisato Kobayashi : "The evolutionary history of maternal plant-manipulation behaviour in attelabid weevils (Coleoptera; Curculionidae)" 17th Evolutionary Biology Meeting at Marseilles,20th September 2013, the Regional Center of Educational Documentation in Marseilles (oral).
  • *小林知里,松尾和典,河田雅圭:「潜葉性チョッキリにおける葉巻きの効果〜操作実験による検証〜」日本昆虫学会第73回大会,2013年9月16日,北海道大学(口頭発表).
  • *長太伸章:「生物地理学に対する比較系統地理からの推定」日本昆虫学会第73回大会, 2013年9月, 北海道大学(シンポジウム「昆虫のための新しい系統地理学」)
  • *大野ゆかり・河田雅圭・中静透・馬奈木俊介「環境保全に関するアンケート調査をもとにした進化ゲーム」 日本数理生物学会第23回大会 (2013.9.12) 静岡大学 (口頭発表)
  • *佐藤光彦牧野能士,河田雅圭:「転写因子結合配列から予測される遺伝子発現量の種内変異」日本進化学会第15回大会,2013年8月29日,筑波大学(口頭発表).
  • *高橋佑磨,長太伸章,河田雅圭:「拮抗的な選択圧による多型比の地理的クラインの成立」日本進化学会第15回大会,2013年8月28日,筑波大学(口頭発表).
  • *新井絵美, 長谷川克, 牧野能士, 河田雅圭 : 「リスキーな赤い羽色を拡大するための遺伝子」日本進化学会第15回大会,2013年8月30日,筑波大学(口頭発表).
  • *長谷川克, 新井絵美:「日本列島のツバメにみられる複数装飾の地理変異とその形成要因」日本鳥学会2013年度大会, 2013年9月14日, 名城大学(ポスター発表)
  • *赤司寛志、Cádiz Díaz Antonio、牧野能士、河田雅圭「アノールトカゲにおける温度適応機構の遺伝的基盤の解明」日本進化学会第15回大会,2013年8月29日,筑波大学(口頭発表).
  • *玉手智史・森英章・Kenneth L. Krysko・牧野能士・河田雅圭「小笠原諸島に侵入したグリーンアノールの進化的変化の検出」 日本進化学会第15回大会 (2013.08) 筑波大学 (口頭発表)
  • *岩嵜航・河田雅圭「隠蔽変異を介して相互に促進される生命システムによる解明の複雑化と多様化」 日本進化学会第15回大会 (2013.08) 筑波大学
  • *大野ゆかり・河田雅圭・中静透・馬奈木俊介「環境保全に関するアンケート調査と進化ゲーム」 日本進化学会第15回大会 (2013.8.30) 筑波大学 (口頭発表)
  • *岩嵜航・津田真樹・河田雅圭: 「環境と発生システムの相互作用が制限または増進する進化可能性」第60回日本生態学会大会:2013年3月6日:静岡コンベンションツアーセンター(自由集会「迅速な適応性(第5回)―発生プログラムの適応的な改変」)
  • * 酒井祐輔,大槻朝,手塚あゆみ,笠木聡,長太伸章,河村正二, 河田雅圭: 「グッピー LWS オプシン遺伝子における遺伝子型 と遺伝子発現量の関係」第60回日本生態学会大会:2013年3月6日:静岡コンベンションツアーセンター
  • *須田亜弥子,土居秀幸,佐藤光彦,成松庸二,河田雅圭: 「海洋環境データと漁獲量からみた東北沿岸底生性 魚類の生息域変化」第60回に本生態学会大会:2013年3月6日:静岡コンベンションツアーセンター
  • *小林知里,河田雅圭: 「潜葉性チョッキリの産卵葉を巻く野外実験での検証」第60回日本生態学会大会:2013年3月6日:静岡コンベンションツアーセンター
  • *玉手智史, 河田雅圭, 牧野能士: 「哺乳類のゲノム構造と環境 適応能力」第60回日本生態学会大会:2013年3月8日:静岡コンベンションツアーセンター(口頭発表)
  • *赤司寛志, Cádiz Díaz, Antonio, 牧野能士,河田雅圭: 「アノールトカゲにおける温度適応形質の遺伝基盤の解明」第60回に本生態学会大会:2013年3月8日:静岡コンベンションツアーセンター(口頭発表)
  • *安西航,Cadiz Diaz Antonio,河田雅圭, 遠藤秀紀: 「キューバ産アノールトカゲ属の四肢における筋骨 格形態と行動生態の関係」第60回日本生態学会大会:2013年3月8日:静岡コンベンションツアーセンター
  • *森井悠太,横山潤,河田雅圭,千葉聡: 「形態と系統の著しい不一致:北海道に産するエゾ マイマイ群の例」第60回日本生態学会大会:2013年3月8日:静岡コンベンションツアーセンター
  • *長太伸章,北村淳一: 「タナゴ (Acheilognathus melanogaster) の遺伝的構造:地域系統と水系との関連」第60回日本生態学会大会:2013年3月8日:静岡コンベンションツアーセンター(口頭発表)
  • *高橋佑磨:イトトンボの種内多型の進化とその副産物.第60回 日本生態学会大会,2013年3月8日,静岡コンベンションツアーセンター(口頭発表,受賞講演)
  • *高橋佑磨,Erik Svensson,河田雅圭:「適応進化による個体群形成過程の改変」第60回日本生態学会大会,2013年3月8日,静岡コンベンションツアーセンター(口頭発表)
  • * 大野ゆかり・横山潤・河田雅圭・中静透 「土地利用分布を使った採餌マルハナバチ密度の推定」第60回日本生態学会大会:2013年3月5日:静岡コンベンションツアーセンター(自由集会「日本の送粉サービス研究を盛り上げるには?-現在を知り、これからを語る-」)
  • *Yuma Takahashi, Nobuaki Nagata, Masakado Kawata “Genetic architecture and phenotypic mismatch at range limits in colour polymorphic damselflies” 14th Congress of the European Society for Evolutionary Biology, 19-24 August 2013, Lisbon, Portugal.
  • *Hajime Wakasa, Antonio Cádiz Díaz, Watal M Iwasaki, Yuki Nishimura, Hitoshi Yokoyama, Koji Tamura, Masakado Kawata "Growth Trajectories of Limb Skeletal Elements in Two Phylogenetically-Related Cuban Anole Lizards" CDB Symposium 2013 (2013.3) RIKEN Center for Developmental Biology, Kobe, Japan

2012


  • *Hajime Wakasa, Antonio Cádiz Díaz, Watal M Iwasaki, Hitoshi Yokoyama, Koji Tamura, Masakado Kawata "Ontogenetic growths of digit length in two related anoles" International Forum for Ecosystem Adaptability Science IV (2012.12) Sendai International Center
  • *Hiroshi D Akashi, Antonio Cádiz Díaz, Takashi Makino, Masakado Kawata "Genetic bases for different thermal microhabitat use in three Cuban Anolis lizards" International Forum for Ecosystem Adaptability Science IV (2012.12) Sendai International Center
  • *Mitsuaki Fujimoto, Eiichi Takaki, Ryosuke Takii, Ke Tan, Ram Prakasam, Fanguxu Wu, Takashi Makino, Masakado Kawata, Naoki Hayashida, Akira Nakai "Molecular Cloning of Lizard HSF Genes and Analysis of Their Function" The 35th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan,マリンメッセ福岡
  • *Watal M. Iwasaki, Masaki E. Tsuda, Masakado Kawata “Revealing Genetic and Environmental Factors that Affect Cryptic Variations in Gene Regulatory Networks by Individual-Based Model” RCIS International Conference (2012.11) Okayama University, Japan [oral]
  • *Makino T. Evolution of evolvability by whole genome duplication and small-scale duplication. RCIS International Conference "Robustness of gene regulatory networks and its potential role in phenotypic evolution", Okayama, Japan, 2012.11 [oral]
  • *若狭 甫,岩嵜航,Cadiz Diaz Antonio,西村悠紀,田村宏治,河田雅圭,「2種の近縁なアノールトカゲの指長の形成過程の比較」第51回日本両棲爬虫類学会 2012.11 (愛知学泉大)
  • *安西航,大村文乃,河田雅圭,Cadiz Diaz Antonio,遠藤秀紀,「アノールトカゲ属の四肢における筋骨格形態と行動生態の関係」第51回日本両棲爬虫類学会 2012.11 (愛知学泉大)
  • 松浦優基,藤本充章,高木栄一,瀧井良祐,譚克,Prakasam Ram,伍方緒,牧野能士,河田雅圭,林田直樹,中井 彰 「アノールトカゲHSF遺伝子群の分子クローニングと機能進化」第35回日本分子生物学会(2012年12月11日〜14日、福岡)
  • 高橋佑磨:好みの可塑性が生みだす形質の時空間動態「ラウンドテーブル:繁殖の偏りを変動させるもの〜配偶者選択の可塑性と形質進化への影響」,第31回 日本動物行動学会,2012.11.25.(奈良女子大)
  • *Kawata, M:Relative role of evolutionary and ecological processes in community structures in Cuban Anoles 「Evolutionary Divergence and Ecological Collision of Lizards and Snakes」第28回個体群生態学会大会、2012.10.20.(東邦大学)
  • *岩嵜航・津田真樹・河田雅圭「遺伝子制御ネットワークが隠蔽する新奇形質」 第28回個体群生態学会大会 (2012.10.21) (東邦大学)
  • *安西航,大村文乃,Cadiz Diaz Antonio,河田雅圭,遠藤秀紀:キキューバ産アノールトカゲ属の四肢における筋骨格形態と行動生態の関係, 第28回個体群生態学会大会:2012年10月20日:東邦大学
  • *長太伸章 「日本列島におけるセミの地理的分化」日本動物学会第83回大会 一般公開講演会「日本列島における動物の自然史と種分化について」2012年9月 (大阪大学)
  • *Takahashi, Y. & M. Kawata. Resource partitioning with respect to oviposition substrates in polymorphic damselfly. 14th International Behavioral Ecology Congress, Lund, Sweden, August 2012 [poster]
  • *若狭 甫,田村宏治,西村悠紀,Cadiz Diaz Antonio,横山 仁,河田雅圭,「アノールトカゲの後肢長差の詳細な形成過程について」第14回日本進化学会 2012.08 (首都大)
  • *酒井祐輔、大槻 朝、手塚あゆみ、笠木 聡、河村正二、河田雅圭「グッピーにおけるLWSオプシン遺伝子の多型と遺伝子発現量及び長波長光感受性との関連」第14回日本進化学会 2012.08 (首都大)
  • *佐藤光彦, 牧野能士, 河田雅圭「発現量の差異に対する自然選択の検出」第14回日本進化学会 2012.08(首都大)
  • *Akashi, H.D., Cadiz Diaz, A., Makino, T., and Kawata, M.: Genetic bases for different thermal microhabitat use in three Cuban Anolis lizards.日本進化学会年会 No.14 (2012.08) 首都大学東京
  • *岩嵜航・津田真樹・河田雅圭「遺伝子制御ネットワークの進化と隠蔽変異の蓄積に対する生息環境の効果」 日本進化学会年会 No.14 (2012.08) 首都大学東京
  • *牧野能士:ゲノミクスで迫る生物が持つ環境適応能力の相違 [ワークショップ] 第14回日本進化学会、2012.8.23.(首都大)
  • *河田雅圭:適応進化を制限する機構と生物多様性 [進化学夏の学校「進化研究の最近の話題」] 第14回日本進化学会、2012.8.24.(首都大)
  • *Makino T and McLysaght? A.: Positionally-biased gene loss after whole genome duplication: evidence from human, yeast and plant. Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE), Dublin, Ireland, 2012.6.23 [oral]
  • *Akashi, H., Cadiz Diaz, A., Makino, T., and Kawata, M.: Genetic bases for adaptation to different thermal environment in Cuban Anolis Lizards.:EAFES5. 日本生態学会第59回大会:2012年3月19日:龍谷大学
  • *Sato, M.P., Makino, T., Suzuki-Ohno, Y., Iwasaki, W.M., Kawata, M.: Selection for expression level detected by the interspecific comparison of cis-reguratory sequences.:EAFES5:2012年3月19日:龍谷大学
  • *Takahashi, Y., Nagata, N. and Kawata, M.:Selection and drift in the population divergence of color polymorphism:EAFES5:2012年3月19日:龍谷大学
  • *Sakai, Y., Kaizu, T., Ohtsuki, H., Tezuka, A., Kasagi, K., Kawamura, S. and Kawata, M.: The effect of LWS opsin genotypes on color sensitivity and female preference.: EAFES5:2012年3月19日:龍谷大学
  • *Tamate, S., Kawata, M. Makino, T. Relationship between duplicated gene and environmental adaptation in mammalia.:EAFES5, 日本生態学会第59回大会:2012年3月19日:龍谷大学
  • *Cadis Diaz, A., Nagata, N., Diaz Beltran, L.M., Echenique-Diaz, L.M., Akashi, H., Makino, T., Kawata, M.:Relative importance of range expansion, speciation and niche differences on regional species diversity in the trunk-ground Anolis lizards in Cuba.:EAFES5, 日本生態学会第59回大会:2012年3月19日:龍谷大学
  • *Adachi, T., Ishikawa, A., Mori, S., Makino, W. , Kume, M. , Kawata, M. , Kitano, J.:Phenotypic and ecological shifts in introduced crater lake stickleback populations:EAFES5, 日本生態学会第59回大会:2012年3月18日:龍谷大学
  • Anzai, W., Endo, H., Kawata,M., Diaz, A.C.:Functional morphology and comparative anatomy of the limbs in Cuban Anolis Lizards with different locomotor habits.EAFES5, 日本生態学会第59回大会:2012年3月19日:龍谷大学
  • *高橋佑磨(2012)頻度依存的なハラスメントと雌の2型の周期振動.ゲーム理論ワークショップ 2011.浜松(2012年3月)
  • *鶴井香織・高橋佑磨・森本 元(2012)クライン研究の現状とインフラ整備の必要性.第59回 日本生態学会.大津(2012年3月)
  • *高橋佑磨(2012)質的形質に関するクラインの成立機構.第59回 日本生態学会.大津(2012年3月)
  • *鶴井香織・高橋佑磨・森本 元(2012)クラインの総合的理解とクライン研究の展望.第59回 日本生態学会.大津(2012年3月)
  • Yoshida K, Makino T, Yamaguchi K, Shigenobu S, Hasebe M, Mori S, Peichel K, Kawata M, Toyoda A, Fujiyama A, and *Kitano J. : Neo-Sex Chromosome Formation and Speciation in the Japanese Sticklebacks. The 8th Okazaki Biology Conference, Speciation and Adaptation II: Environment and Epigenetics. Okazaki, Japan, 2012 [oral]
  • *Yoshida K, Makino T, Yamaguchi K, Shigenobu S, Hasebe M, Mori S, Peichel K, Kawata M, Toyoda A, Fujiyama A, and Kitano J. : Searching for speciation genes of threespine sticklebacks in Japan. The 8th Okazaki Biology Conference, Speciation and Adaptation II: Environment and Epigenetics. Okazaki, Japan, 2012 [poster]
  • *Takahashi, Y. & M. Kawata. Resource partitioning with respect to oviposition substrates in polymorphic damselfly. 14th International Behavioral Ecology Congress, Lund, Sweden, August 2012 [poster]


2011

  • *手塚あゆみ、山道真人:企画集会「生態学者のためのゲノミクスアプローチ〜理論、手法から実証まで〜」
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12
  • *手塚あゆみ、笠木聡、河村正二、Cock van Oosterhout、河田雅圭:「グッピー色覚遺伝子にかかる選択の検出」
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *河田雅圭:適応進化を制限する遺伝的機構と生物多様性[シンポジウム]
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *牧野能士,河田雅圭:多様な生息地への適応を制限するゲノム構造[シンポジウム]
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *大野(鈴木)ゆかり, 今廣佐和子, 河田雅圭, 中静透:カシノナガキクイムシの行動モデルによるナラ枯れの感染拡大予測 [口頭発表]
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • 安達竜也, 森誠一, 牧野渡, 河田雅圭, *北野潤:イトヨにおける新規環境への急速適応 [口頭発表]
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *三輪隆, 原口真,伊藤俊哉, 林豊, 浦島裕子, 竹内恵子, 飯田慎一, 久保達哉, 永戸優子, 高見謙, 西山由美, 足立直樹, 木村幹子, 河田雅圭, 中静透:都市の生物多様性は企業が守る!企業保有地向け土地利用評価ツールの開発-(1)企業の取り組み [口頭発表]
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *木村幹子,三輪隆, 原口真,伊藤俊哉, 林豊, 浦島裕子, 竹内恵子, 飯田慎一, 久保達哉, 永戸優子, 高見謙, 西山由美, 足立直樹, 河田雅圭, 中静透:都市の生物多様性は企業が守る!-企業保有地向け土地利用評価ツールの開発-(2)土地利用評価 [口頭発表]
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *久保達哉, 三輪隆, 原口真,伊藤俊哉, 林豊, 浦島裕子, 竹内恵子, 飯田慎一, 永戸優子, 高見謙, 西山由美, 足立直樹, 木村幹子,河田雅圭, 中静透:都市の生物多様性は企業が守る!-企業保有地向け土地利用評価ツールの開発-(3)人材育成と波及効果 [口頭発表]
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *林豊, 輪隆, 原口真,伊藤俊哉, 浦島裕子, 竹内恵子, 飯田慎一, 久保達哉, 永戸優子, 高見謙, 西山由美, 足立直樹, 木村幹子, 河田雅圭, 中静透:都市の生物多様性は企業が守る!企業保有地向け土地利用評価ツールの開発-(4)生き物調査 [口頭発表]
  • *根本頼子,後藤彰,倉田祥一郎,横山潤,河田雅圭:キイロショウジョウバエにおける自然免疫変異に働く自然選択の検出
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *小口結,笠木聡,河村正二,田村宏治,河田雅圭:グッピーにおけるオプシン遺伝子の発現部位の個体間変異
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *高柳真世,金成安慶,牟田達史,松島野枝,岩嵜航,河田雅圭:ヤマアカガエル集団内における自然免疫遺伝子の多様性
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *佐藤光彦牧野能士,大野(鈴木)ゆかり,岩嵜航,河田雅圭:自然選択がショウジョウバエの転写調節領域進化に与える影響
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *岩嵜航,津田真樹,河田雅圭:環境変化で出現する新奇形質:遺伝子制御ネットワークの隠蔽変異が適応進化を促進
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *小野寺 遼,横山 潤,河田 雅圭:日本産チョウ類の分布域拡大と遺伝的変異
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *森井悠太,横山潤, 河田雅圭,千葉聡:劇的な形態の変化: 北海道に産するエゾマイマイ 群の例
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *松島野枝高柳真世牧野能士,河田雅圭:人為的環境に依存するアカガエルの集団構造:アカガエル2 種の比較
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *山口和香子,大野(鈴木)ゆかり,近藤倫生,河田雅圭:メタ群集における捕食ー被食食物網の安定性に与 える共進化と移動分散の効果
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *大槻朝,横山潤,大場信義,近江谷克裕,河田雅圭:ホタル発光パターンとnos 遺伝子との関係
    日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *牧野能士:比較ゲノム解析による 網羅的プライマーデザイン [企画集会] 日本生態学会第58回全国大会、2011.3.8-12 (札幌)
  • *Takahashi, Y., Yoshimura, J., Morita, S., Watanabe, M.: Frequency-dependent selection: linking plasticity and dynamics. 13th Congress of the European Society for Evolutionary Biology, Tubingen, Germany (August 2011).
  • *Konoshima, M., Ohno, Y. and Yoshimoto, A., Forest Technologies for Mitigating Climate Change, Spatial forest management for mitigation biological disturbances due to climate change, Oral, October 4, 2011
  • *高橋佑磨・鶴井香織・森本 元(2011)多型現象の再整理と統一的枠組みの必要性.Animal 2011.東京(2011年9月)
  • *高橋佑磨(2011)遺伝子型多型とその維持機構の考え方.Animal 2011.東京(2011年9月)
  • *森本 元・高橋佑磨・鶴井香織(2011)多型研究のインフラ整備からみえてくること.Animal 2011.東京(2011年9月)
  • *高橋佑磨・高倉耕一(2011)ニワゼキショウの色彩多型の空間分布と型特異的な繁殖干渉の可能性.第43回 種生物学シンポジウム.富士吉田(2011年12月)
  • *小作明則・高橋佑磨・宮本 潔(2011)色彩多型を持つアオモンイトトンボ Ischnura senegalensis (Rumbur,1842) の構造色.第72回 形の科学シンポジウム.鹿児島(2011年12月)
  • 新井絵美,長谷川克「ツバメの喉はなぜ赤い?メラニン分析からわかること」:自由集会「ツバメ研究最前線」
    2011年度日本鳥学会.大阪(2011年9月17-19日)
  • 松島野枝高柳真世牧野能士、河田雅圭:水田環境に生息するアカガエル2種の集団構造の比較
    日本爬虫両棲類学会第50回大会.京都(2011年10月8-10日)
  • W. M. Iwasaki, M. Tsuda, M. Kawata "Evolutionary Model of Cryptic Variations in Gene Regulatory Networks" Annual Meeting of Society for Molecular Biology and Evolution (2011.07) Kyoto University, Japan
  • *大野ゆかり・木村幹子・河田雅圭、スジアイナメの半クローン生殖のモデル、日本進化学会、口頭発表、2011年7月31日
  • *岩渕裕子牧野能士・北野潤・岸田治・西村欣也・森司・河田雅圭:エゾアカガエル幼生における誘導防御形態の遺伝的機構の解明〜膨満化に関わる遺伝子の分子進化解析〜[ポスター発表]
    日本進化学会第13回大会、2011.7.29-31(京都)
  • *Makino T. : Genome-wide coldspots for copy number variation in vertebrates. THE BIOLOGY OF GENOMES, Cold Spring Harbor Laboratory, New York, USA, 2011 [poster]
  • *Pessia E, Makino T, Bailly-Bechet M, McLysaght? A and Marais GAB. : Analysis of dosage sensitive genes on the human X chromosome. Genetics, Epigenetics and Evolution of Sex Chromosomes Conference, Paris, France, 2011 [poster]
  • *Makino T and Kawata M. : Drosophila species distributions correlate with their genomic structure. Young Researchers Conference on Evolutionary Genomics, Tokyo, Japan, 2011 [poster]
  • Makino T and *McLysaght? A. : Ohnologs in the human genome are dosage balanced and frequently associated with disease. THE BIOLOGY OF GENOMES, Cold Spring Harbor Laboratory, New York, USA, 2011 [oral]
  • *Kitano J, Makino T, Yamaguchi K, Shigenobu S, Hasebe M, Peichel K, Mori S, and Kawata M. : Genomic and Functional Characterization of a Neo-sex Chromosome Important for Stickleback Speciation. Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE), Kyoto, Japan, 2011 [oral]
  • *Makino T. : Genome-Wide Coldspots For Gene Copy Number Variation In Vertebrates. Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE), Kyoto, Japan, 2011 [oral]
  • Makanae K, Makino T, Kintaka R and *Moriya H. : Identification of dosage sensitive genes on the budding yeast genome. Young Researchers Conference on Evolutionary Genomics, Tokyo, Japan, 2011 [oral]


2010

  • *手塚あゆみ、笠木聡、河村正二、Cock van Oosterhout、松島野枝、河田雅圭:「グッピーLWS遺伝子から探る色覚の進化」
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
    ポスター優秀賞受賞
  • *山口和香子大野ゆかり,近藤倫生,河田雅圭:メタ群集における共進化と食物網構造: 多種の捕食ー被食群集モデル [企画集会 口頭発表]
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *牧野能士,河田雅圭:ショウジョウバエ属のゲノム構成と環境適応の関係 [口頭発表]
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *大野(鈴木)ゆかり,河田雅圭, 占部城太郎:化学量論から見たミジンコの最適摂食率 [口頭発表]
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *木村幹子,河田雅圭,阿部周一,荒井克俊,宗原弘幸:戻し交配しても遺伝子が浸透しない:アイナメ属3種で発見された半クローン生殖[口頭発表]
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *山本沙代子,大野ゆかり,横山潤,河田雅圭:日本産チョウ225 種における生息分布の決定要因
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *岩嵜航,津田真樹,河田雅圭:隠れた変異の蓄積と顕在化に与える環境変動の影響:遺伝子制御ネットワークの個体ベースモデル
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *高柳真世,金成安慶,松島野枝,牟田達史,河田雅圭:ヤマアカガエル集団間集団内での免疫関連遺伝子 の多様性
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *山口和香子大野ゆかり,近藤倫生,河田雅圭:ヤマアカガエル集団間集団内での免疫関連遺伝子 の多様性
    日本生態学会第57回全国大会、2010.3.15-20. (東京)
  • *手塚あゆみ、笠木聡、河村正二、Cock van Oosterhout、松島野枝、河田雅圭:「グッピーLWS遺伝子にかかる選択圧の検出」
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5.(東京)
  • *津田真樹、河田雅圭:変動選択と内在的制約による遺伝子制御ネットワークの進化
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *森井悠太、横山2、河田雅圭、千葉聡:属間交雑か?極端な平行進化か?
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *木村幹子、阿部周一、荒井克俊、河田雅圭、宗原弘幸:ゲノム排除による生殖隔離:アイナメ属の半クローン生殖
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *安達竜也、森誠一、河田雅圭、北野潤:外来イトヨの新規環境への適応・定着機構
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *大槻朝、横山潤、大場信義、近江谷克、河田雅圭:ホタル発光パターンとnos遺伝子の発現
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *岩嵜航、津田真樹、河田雅圭:遺伝子制御ネットワークの個体ベー スモデル
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *佐藤光彦牧野能士大野ゆかり、岩嵜航、河田雅圭:転写因子結合部位の塩基配列から予測する発現量変化
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *大野ゆかり、後藤彰、倉田祥一朗、河田雅圭:蚊の免疫抑制による薬剤抵抗性の進化とマラリア感染抑制の評価モデル
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5. (東京)
  • *牧野能士,*花田 耕介:大規模解析から見えてきた遺伝子重複による進化 〜多様性、頑健性、必須性〜[ワークショップ]
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5.(東京)
  • *牧野能士, Aoife McLysaght?:全ゲノム重複により生じた重複遺伝子の保持機構と疾患との関連 [ワークショップ]
    第12回日本進化学会、2010.8.2-5.(東京)
  • 新井絵美、長谷川克、中村雅彦、若松一雅:色素への性選択とコンディション依存性
    2010年度日本鳥学会、2010.9.18-20.(千葉)
  • Yamaguchi, W. Y. Suzuki-Ohno, M. Kondoh, M. Kawata, : 2010 4th EAFE, Sangju, Korea,Excellent poster award.: The effect of coevolutionary changes of prey-predators interation on web stability in metacommunity
  • *Makino T and Kawata M. : Drosophila species distributions correlate with their genomic structure. The International Forum on Ecosystem Adaptability: Ecosystem Management Applying to Ecosystem Adaptability Science, Sendai, Japan, 2010 [poster]
  • *Matthew T, Makino T, McLysaght? A, Necsulea A, Ball EV, Cooper DN and Duret L. : Evidence that meiotic recombination causes deleterious point mutations in humans. Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE), Lyon, France, 2010 [oral]
  • *Makino T and McLysaght? A. : Ohnologs in the human genome are dosage balanced and frequently associated with disease. Society for Molecular Biology and Evolution (SMBE), Lyon, France, 2010 [oral]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-13 (月) 10:00:18 (9d)