#contents2_1(page=研究に有用なページのリンク);

研究に有用と思われるページのリンクを作ってみました。どしどし追加してください。よろしくおねがいします。

学会日程は別のページに移動しました。

研究全般

  • 村岡裕由さんの付き合い方ページ:研究室における研究にまつわるコミュニケーションの取り方の指針をまとめたページです。
  • How to 論文:久留米大の児島先生のページ。グレリンという物質を発見しNatureに投稿している過程のエッセイ。

学会発表

英語

データベース系

一般

  • Global Biodiversity Information Facility:生物多様性国際プロジェクトGBIFのページ。
  • 日本のレッドデータ検索システム
  • 地球規模生物多様性情報機構:GBIF Japanのページ。「生物多様性情報」に各種データベースへのリンクが集められています。
  • Tree of Life web project:全生物の系統樹Tree of Lifeのページ。
  • UC, Berkeley, Museum of Paleontology:カリフォルニア大古生物博物館のページ。Web Lift to Taxaで全生物の代表的な分類群の概要を見ることができます。
  • ION:Thomson BIOSISデータベース内に記録のある全ての生物(細菌類以外、ウイルスは検索できる)の名前を検索することができます。
  • FUNET Tree of Life:フィンランド科学ITセンターの生物データベース。情報量はグループによってことなりますが、画像も多く利用価値の高いデータベースです。
  • Fauna Europaea:ヨーロッパに産する陸上及び淡水産の全動物のデータベース。多彩な検索方法が魅力的です。
  • Consortium for the Bardode of Life:Smithonian Institution内のDNA Barcoding国際コンソーシアムのページ。
  • Canadian Center for DNA Barcoding:カナダのDNA バーコーディングセンターのページ。
  • 日本動物園水族館協会:協会に所属している動物園・水族館にどのような生物が飼育されているのかを調べることができます。種名で逆引きすることも可能です。
  • 森林生物情報データ:森林総合研究所の森林生物情報のページ。日本の森林に関する生物の情報を公開しています。画像も見ることができます。カエル類と病原性生物が充実しています。
  • 生物多様性情報システム:環境省生物多様性センター内のデータベース。RDB, 緑の国勢調査等のデータが閲覧できます。
  • 北海道ブルーリスト:RDBとは真逆ですが、北海道の外来生物データベース。画像も豊富です。

植物&光合成なもの

  • Internet Directory of Botany:インターネット上に存在する植物学関係の情報を集積している巨大ポータル。
  • The International Plant Name Index:過去の発表された維管束植物の名前は、全てここで調べることができます。
  • Angiosperm Phylogeny:Website:被子植物全体の系統関係と、それに基づく新しい分類体系のページ。
  • Flora of Japan:現在刊行が進んでいる「Flora of Japan」の検索ページ。既刊分はすべて検索できます。英語で画像なしですが。
  • USDA PLANTS database:米国農務省の植物データベース。アメリカ合衆国で記録のある植物は全て調べられます。最近は画像も充実してきました。
  • Flora Europaea:エジンバラ植物園サイト内にあるヨーロッパ産維管束植物の学名データベース。
  • African flowering Plants Database:ジュネーブ植物園サイト内にあるアフリカ産被子植物のデータベース。分布図などもあって便利です。
  • Deep Green:緑色植物の系統関係に関する国際プロジェクトのページ。系統樹を使ったデータベースの検索がユニーク。
  • アサガオホームページ:九大仁田坂さん主宰のアサガオの系統、遺伝学のページ。古典園芸の歴史が優れた遺伝学の材料を提供してくれていることを実感できます。
  • KOMUGI:コムギの主に系統と遺伝子に関する総合データベース。
  • おしゃべりな部屋:統計でお世話になっている人が多い群大青木先生のページ。私は主に植物園と幼虫図鑑でお世話になっています。
  • 福原達人さんのページ:福岡教育大の福原さんのページ。植物画像がとても充実しています。2006年現在河田研に所属しているM2の福原とは関係ありません。ただ福原という名字は九州に多いそうです。かくいうこのM2の福原の先祖(4代前だったはず)も九州出身だったそうです。
  • カエデともみじ:日本産カエデ類はこれでばっちり。画像が豊富で楽しめます。
  • Bromeliad Society International:国際ブロメリア協会のページ。パイナップル科の分類の概略、各属の代表種の画像を見ることができます。
  • Bromeliad biota:フロリダ大内のパイナップル科植物を取り巻く生物間相互作用に関するページ。
  • 岡山大学資源生物科学研究所野生植物研究室:種子画像データベースが備わっている貴重なページです。
  • 藻類画像データ:Hatenaでおなじみの筑波大井上先生主宰のページ。「藻類」とくくられることが多い光合成真核生物の多様性がわかりやすく解説されています。
  • Protist Image Data:モントリオール大Dr. C.J. O'Kellyらの原生生物画像データベース。
  • 原生生物情報サーバ:法政大学月井先生主宰の原生生物データベース。画像が充実しています。動画もあります。
  • 珪藻の世界:東京学芸大真山先生主宰の珪藻類の解説ページ。画像も豊富です。

脊椎動物

  • Mammal Species of the World:米国スミソニアン自然史博物館の哺乳類学名検索ページ。世界中の哺乳類全種の検索が可能です。現在改訂版を準備中とのことで、現行のデータベースはBucknell Universityにページが移っています(リンク修正:081229)
  • The Buzbee Bat House:ページの最初の方はちょっと面食らいますが、海外のコウモリ関係のサイトへのリンク集が充実しています。
  • Avibase:鳥類に関するおそらく最大のインターネットデータベース。
  • Bird Image Gallery:鳥類画像サイト。リストが撮影者別なのと、名前が英名なのでちょっとわかりにくいのですが。
  • 我孫子市鳥の博物館:鳥類学名、和名検索のページがあって重宝しています。
  • The EMBL Reptile Database:国際DNAデータベース欧州窓口EMBL上にある爬虫類のデータベース。概要から各分類群まで、だいたいのことはここで調べられます。
  • Amphibian Species of the World:米国自然史博物館内の両生類データベース。世界中の両生類全種の検索が可能です。
  • FishBase:魚類に関する巨大データベース。幼魚データベースがあるのも注目。
  • A Catalog of the Species of Fishes:California Academy of Sciencesの魚類名カタログサイト。
  • 魚類写真資料データベース:国立科学博物館・神奈川県博の魚類画像データベース。画像登録もできます。
  • Cichlid Cellar:アフリカンシクリッドの美しい写真が集められています。リンクも充実しています。趣味家向けですが。
  • 市場魚貝類図鑑:普段食べている魚貝類がなんだかわかります。魚以外も充実。

昆虫

  • KONCHU:九大農学研究院昆虫学教室の昆虫学データベース。画像データはまだまだ少ないですが、日本産昆虫名データベース、文献データベースは重宝します。
  • Butterflies and Moths of the World:英国自然史博物館の鱗翅目データペース。属以上の上位分類群全ての検索が可能です。ほぼ全ての科および亜科を代表する種の画像を見ることもできます。
  • LepIndex:同じく英国自然史博物館の鱗翅目昆虫学名データペース。既知種のほぼ全ての名前が収録されています。
  • Butterflies and Moths of North America:米国産チョウ・ガ類の画像データベース。記述も充実しています。
  • The Nymphalidae Systematic Group:ストックホルム大Dr. N. Wahlbergのタテハチョウ科研究のページ。全世界のタテハチョウ類の分類体系、最新の分子系統樹などを紹介しています。証拠標本の画像を見ることもできます。
  • BUMBLE BEE:英国Natural History MuseumのDr. P. Williamsのページ。世界中のマルハナバチ全種が検索できます。これで画像があれば完璧なのですが。
  • アリ類画像データベース:日本産アリ類全種の画像検索ができるページ。web版図鑑の一つの理想型だと思います。
  • JWIN:九大総合博物館の日本産ゾウムシ類データベース。画像も見ることができます。データベース利用はID&Pass:guestで。
  • Insects and Cave:京大芦田さんのページ。ハンミョウと洞穴生昆虫の情報が満載。
  • Biology of Termites:山口大山岡先生主宰のシロアリ類画像データベース。
  • Orthoptera Species file Online:世界の直翅目昆虫(バッタの仲間)のデータベース。
  • Jfly:国内のショウジョウバエ研究のデータベース。
  • DGRC web:京都工芸繊維大ショウジョウバエ遺伝資源センターのページ。
  • The Chironomid Home Page:ユスリカ類の研究に関するさまざまな情報を集積しているサイトです。
  • Ceratopogonid Web Page:ヌカカ類の研究に関するもろもろを集めたサイトです。
  • 日本産トンボリスト:その他様々なトンボ情報有り。

無脊椎動物

  • 日本ハエトリグモ研究所:国内のハエトリグモ類のページ。その他のクモの情報も充実しています。
  • Sites CXJ11255:クマムシ、海岸動物のページ。日本産クマムシ全種リスト、海産無脊椎動物の写真が充実。
  • 原色世界イカ類図鑑:イカ類200種の画像、記載、分布図を見ることができるすばらしいサイトです。
  • 微小貝:有名な貝類データベースサイト。
  • The Sea Slug Forum:後鰓類の研究フォーラムのページ。Species Listから世界のウミウシ類の画像がたくさん見られます。
  • The Bryozoa Home Page:コケムシ類の総合データベース(リンク修正:090112)。
  • Caenorhabditis elegans WWW Server:C.elegansの情報ポータル。WormBase?, CGCなどはこちらから。
  • The Cnidaria Home Page:刺胞動物関係ページのリンク集
  • Introduction to Cnidaria:刺胞動物の基本的な情報を見ることができます。
  • The Scyphozoan:鉢虫綱(いわゆるクラゲ類)の総合ページ。
  • C.E.Mills Homepage:ヒドロ虫類の研究者、ワシントン大Dr. C.E.Millsのホームページ。十文字クラゲ目、有櫛動物の全種リストもあります。
  • The JelliesZone:北米太平洋岸のクラゲ類を紹介するページ。画像が充実しています。
  • Siphonophores:Dr. C. Dunnの管クラゲ類の解説ページ

ちっさいもの

分子遺伝系

  • NCBI:いろいろな配列が登録されています。
  • EBI:国際DNAデータベースのヨーロッパ窓口。
  • 国立遺伝学研究所:国際DNAデータベースの日本窓口。配列登録などはこちらから。
  • Phylogeny Programs:いろんな系統解析関係のプログラムいっぱいです。
  • 4Peaks:シークエンスデータ解析支援OSX用ソフト、無料。このサイトのprogramsというところからダウンロードできます。Apple Design Award受賞ですよ!
  • http://www.sabiosciences.com/pathwaycentral.php:哺乳類の様々な分子カスケード

統計

  • 統計学自習ノート:群大の青木さんのページ。統計が分からなくなったらとりあえずここ!

R

プログラミング

C,C++

  • Boost C++ libraries:C++で書かれた様々なアルゴリズムのライブラリ(関数を集めたもの)
  • GNU Scientific Library:こちらも科学計算で用いられるアルゴリズムのライブラリ
  • BohYoh.com:C,C++,Javaなどに関する解説がある。プログラム初心者の人はここのFAQをとりあえず読んでみると良いかも知れません。
  • C++言語解説:解説が大変丁寧。分からないことがあるなぁと思ったら、ここのサイトで検索をかけると一発です。

perl

PC関連

学術用ソフトウェア

Unix系コマンド

  • Unixの部屋:上手く使えば逆引きも出来る。網羅的で、例文があるので分かりやすいです。

用語集

メーリングリスト

  • evolve進化学メーリングリスト:進化学関連のメーリングリストです。有用な情報を得る事ができます。河田研の人なら入っておいて間違いないと思います。
  • jeconet生態学メーリングリスト:生態学関連のメーリングリストです。送られてくるメールはevolveとかぶりますが、河田研の人なら入っておいて間違いないと思います。(リンク先がここでいいかがちょっと不安ですがここをみれば参加できます。)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-26 (木) 13:08:05 (1881d)