研究成果紹介

論文として発表された主要な成果の一部を紹介します。

green.jpg沖縄での侵略的外来種グリーンアノールの分布拡大の可能性Ecology and Evolution (2017)
3.png分布北限での遺伝的変異の減少が境界付近での適応を妨げるMolecular Ecology (2016)
guppy01.jpgグッピーの視物質の吸収波長と光環境によるオプシンの発現量変化と光感受性の変化Vision Research(2016) & BMC Evolutionary Biology (2016)
sagrei.jpg異なる温度環境で共存・生息しているキューバのアノールトカゲ3種を用いて、温度変化に応じて発現を変化させる遺伝子群を検出Molecular Ecology (2016), 25:2273-2285
otoshib.jpg寄生者の違いが、オトシブミが作る葉巻「落とし文」の多様さをつくるEcological Monographs (2015) , 85:253–268.
ncomms5468.jpgトンボの色彩の個体差はハラスメントのリスクの分散を通じて集団を繁栄させるNature Communications (2014), 5: 4468
pika.jpg哺乳類においてSSD重複遺伝子(Small-Scale Duplicate Gene)が生息地多様性と関係するMolecular Biology and Evolution (2014), 31: 1779-1786
guppy.jpgグッピーの色覚遺伝子、オプシン遺伝子の多型の維持機構の解明Heredity (2014) 113:381–389
cnv.jpgゲノム上で遺伝子コピー数多型が抑制されている領域を発見Nature Communications, 4: 2283 (2013)
ahili.jpgキューバにおけるアノールトカゲの種多様性を決める要因Ecosphere, 4: 78 (2013)
doe.jpg ゲノム内の遺伝子重複率と生息地の多様性の関係 Molecular Biology and Evolution, 29, 3169-3179 (2012)
bunp.jpg なぜ生物は分布の境界で適応を制限されるのか? Ecology Letters 13: 485-494 (2010)
net.jpg なぜ複雑で大きな遺伝子ネットワークが進化するのか? PLoS Computational Biology 6: e1000873 (2010)
but.jpg 生物多様性のパターンを説明するニッチ分配説の野外での実証 Proceedings of the National Academy of Sciences USA, 104: 10524-10529 (2007)

研究内容紹介


添付ファイル: filegreen.jpg 39件 [詳細] file3.png 159件 [詳細] fileguppy01.jpg 180件 [詳細] filesagrei.jpg 133件 [詳細] fileotoshib.jpg 288件 [詳細] fileotoshi.jpg 148件 [詳細] filencomms5468.jpg 404件 [詳細] filepika.jpg 426件 [詳細] filemammal.jpg 236件 [詳細] fileguppy.jpg 499件 [詳細] filecnv.jpg 538件 [詳細] filebut.jpg 522件 [詳細] filenet.jpg 544件 [詳細] filenet.png 259件 [詳細] filebunp.jpg 486件 [詳細] filedoe.jpg 554件 [詳細] fileahili.jpg 545件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-19 (金) 16:43:50 (186d)