河田研の人々 English page

face.jpg
大野(鈴木)ゆかり Yukari, Suzuki-Ohno
連絡先:yukari.tohoku.univ"@"gmail.com(""を抜いてください)
個人ブログ:http://d.hatena.ne.jp/yukari-dugong/

  • 研究テーマ
    生態学のモデル全般
    • ゲーム理論(人間の協力の進化・環境保全に対する行動選択など)
    • 摂餌理論(マルハナバチの最適摂食率にもとづいた営巣場所選択・ミジンコの最適摂食率など)
    • 種分布モデルを用いた分布推定・生息適地推定(グリーンアノール・マルハナバチ)

      日本送粉サービス研究会を立ち上げました。詳しくはHPをご覧ください。
      https://sites.google.com/site/pollinationservicessociety/home
      PSS_title.png

      現在、富士通の携帯フォト・クラウドシステムを使って、マルハナバチの分布を調査しています。ボランティアの方々にスマートフォンやGPS機能つき携帯などでマルハナバチの写真を撮影してもらい、それを収集することで分布を調査します。詳しくはHPをご覧ください。
      http://meme.biology.tohoku.ac.jp/bumblebee/index.html
      top.png

  • 略歴
    • 1997年4月〜2001年3月 筑波大学第二学群生物学類
    • 2001年4月〜2006年3月 筑波大学大学院生命環境科学研究科博士課程(旧 藤井・徳永研究室,現 徳永・大橋研究室)
    • 2006年4月〜2008年3月 九州大学大学院理学研究院 学術研究員(巌佐研究室)
    • 2008年4月〜2010年3月 東北大学大学院生命科学研究科 博士研究員(河田研究室
    • 2010年4月〜2014年4月 東北大学大学院生命科学研究科 日本学術振興会 特別研究員PD(河田研究室
    • 2014年5月〜2016年3月 東北大学大学院生命科学研究科 研究支援者(河田研究室
    • 2016年4月〜現在 東北大学大学院生命科学研究科 日本学術振興会 特別研究員RPD(河田研究室

  • 研究業績
  • 著書
    「生態系再生の新しい視点ー湖からの提案」 第2部 人文社会科学を取り入れた新しい評価 第6章 生態系ダイナミクスと人の選択ダイナミクスのカップリング 巌佐庸・大野ゆかり 共立出版

  • 論文
    • Yukari Suzuki and Yukihiko Toquenaga (2005) "Effects of information and group structure on evolution of altruism: Analysis of two-score model by covariance and contextual analyses." Journal of Theoretical Biology 232(2): 191-201.
    • Yukihiko Toquenaga and Yukari Suzuki (2005) "Evolution of generosity in the demand game." Population Ecology 47(1): 31-39.
    • Yukari Suzuki, Lina G. Kawaguchi, and Yukihiko Toquenaga (2007) "Estimating nest locations of Bombus ardens from flower distribution and its quality." Ecological Research 22(2): 220-227.
    • Yukari Suzuki and Yoh Iwasa (2009) "Conflict between groups of players in coupled socio-economic and ecological dynamics." Ecological Economics 68: 1006-1115.
    • Yukari Suzuki and Yoh Iwasa (2009) "The coupled dynamics of human socio-economic choice and lake water system: the interaction of two sources of nonlinearity." Ecological Research 24(3): 479-489.
    • Yukari Suzuki, Lina G.Kawaguchi, Dulee T. Munidasa, and Yukihiko Toquenaga (2009) "Do bumble bee queens choose nest locations to maximize their foraging rate?" Behavioral Ecology and Sociobiology 63: 1353-1362.
    • Yoh Iwasa, Yukari Suzuki-Ohno, and Hiroyuki Yokomizo (2009) "Paradox of nutrient removal in coupled socio-economic and ecological dynamics for lake water pollution." Theoretical Ecology 3: 113-122.
    • Yukari Suzuki-Ohno, Maki, N. Inoue, and Kazunori Ohno (2010) "Applying geographic profiling used in the field of criminology for predicting the nest locations of bumble bees." Journal of Theoretical Biology 265: 211-217.
    • Yukari Suzuki-Ohno, Masakado Kawata, and Jotaro Urabe (2012) "Optimal feeding under stoichiometric constraints: A model of compensatory feeding with functional response." Oikos 121: 569-578.
    • Kobayashi, C, K. Matsuo, K. Watanabe, Y. Suzuki-Ohno, M. Kawata and M Kato. (2015) Arms race between leaf-rolling weevils and parasitoids: diversification of weevil’s plant-manipulation behavior and its consequence. Ecological Monographs 85: 253-268.
    • Suzuki, N., Suzuki-Ohno, Y., Takakura, K. (2016) Variation of clutch size and trophic egg proportion in a ladybird with and without male-killing bacterial infection. Evolutionary Ecology 30: 1081-1095.
    • Suzuki-Ohno, Y., K. Morita, N. Nagata, H. Mori, S. Abe, T. Makino, and M. Kawata (in press) Factors restricting the range expansion of the invasive green anole Anolis carolinensis on Okinawa Island, Japan. Ecology and Evolution.
  • 報告書
    • 鈴木ゆかり 「生態学的履歴効果と社会学的履歴効果が湖の水質に与える影響」、 『環境省環境技術開発等推進費平成18年度報告書 「健全な湖沼生態系再生のための新しい湖沼管理評価軸の開発」』 pp. 162-181
    • 大野(鈴木)ゆかり・巌佐庸 「湖の水質汚染と人々の協力の1水域2集団モデル:環境保護における集団間の対立」、 『環境省環境技術開発等推進費平成19年度報告書「健全な湖沼生態系再生のための新しい湖沼管理評価軸の開発」』 pp. 106-120.

  • 講究録
    • 大野(鈴木)ゆかり 「湖の富栄養化と人々の協力:生態系と社会結合ダイナミクス」 『数理解析研究所講究録1597 第4回生物数学の理論とその応用』 pp. 151-156

  • 国際学会 口頭発表
    • Yukari Suzuki and Yoh Iwasa “Coupling two hysteresis mechanisms: ecological and social dynamics in lake water pollution.” Japanese-Korean Joint Meeting for Mathematical Biology, Fukuoka, 2006年9月18日
    • Yukari Suzuki and Yoh Iwasa “Prevention of regime shift in lake system using the coupled dynamics of human socio-economic choice and lake system in water pollution problem.” The Joint Annual Meetings of the Society for Mathematical Biology and the Japanese Society for Mathematical Biology, San Jose, California, 2007年7月31日
    • Yukari Suzuki-Ohno, Lina G. Kawaguchi, Dulee T. Munidasa, and Yukihiko Toquenaga “Predicting bumble bee’s nest locations from flower distribution, and its quality.” Annual Meetings of Ecological Society of America, Milwaukee, Wisconsin, 2008年8月4日


添付ファイル: filePSS_title.png 515件 [詳細] filetop.png 466件 [詳細] fileface.jpg 1092件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-29 (水) 09:49:57 (31d)