[[河田研の人々]]
[[English page>Suzuki-Ohno_E]]
~
~
&ref(face.jpg,,140x160);~
''大野(鈴木)ゆかり Yukari, Suzuki-Ohno''~
''連絡先:''yukari.tohoku.univ"@"gmail.com(""を抜いてください)~
''個人ブログ:''http://d.hatena.ne.jp/yukari-dugong/~
~
-''研究テーマ''~
進化生態学・行動生態学のモデル全般~
生態学のモデル全般~
--ゲーム理論(人間の協力の進化・環境保全に対する行動選択など)~
--摂餌理論(マルハナバチの最適摂食率にもとづいた営巣場所選択・ミジンコの最適摂食率など)~
--種分布モデルを用いた分布推定・生息適地推定(グリーンアノール・マルハナバチ)~
~
日本送粉サービス研究会を立ち上げました。詳しくはHPをご覧ください。~
https://sites.google.com/site/pollinationservicessociety/home
~
&ref(PSS_title.png,,500x100);~
~
現在、富士通の携帯フォト・クラウドシステムを使って、マルハナバチの分布を調査しています。ボランティアの方々にスマートフォンやGPS機能つき携帯などでマルハナバチの写真を撮影してもらい、それを収集することで分布を調査します。詳しくはHPをご覧ください。~
http://meme.biology.tohoku.ac.jp/bumblebee/index.html
~
&ref(top.png,,400x100);~
~
-''略歴''~
--1997年4月〜2001年3月 筑波大学第二学群生物学類~
--2001年4月〜2006年3月 筑波大学大学院生命環境科学研究科博士課程(旧 藤井・徳永研究室,現 徳永・大橋研究室)~
--2006年4月〜2008年3月 九州大学大学院理学研究院 学術研究員(巌佐研究室)~
--2008年4月〜2010年3月 東北大学大学院生命科学研究科 博士研究員(河田研究室)~
--2010年4月〜2014年4月 東北大学大学院生命科学研究科 日本学術振興会 特別研究員PD(河田研究室)~
--2014年5月〜2016年3月 東北大学大学院生命科学研究科 研究支援者(河田研究室)~
--2016年4月〜現在 東北大学大学院生命科学研究科 日本学術振興会 特別研究員RPD(河田研究室)~
~
-''研究業績''~
-著書~
「生態系再生の新しい視点ー湖からの提案」 第2部 人文社会科学を取り入れた新しい評価 第6章 生態系ダイナミクスと人の選択ダイナミクスのカップリング 巌佐庸・大野ゆかり 共立出版~
~
-論文~
--''Yukari Suzuki'' and Yukihiko Toquenaga (2005) "Effects of information and group structure on evolution of altruism: Analysis of two-score model by covariance and contextual analyses." '''Journal of Theoretical Biology''' 232(2): 191-201.~
--Yukihiko Toquenaga and ''Yukari Suzuki'' (2005) "Evolution of generosity in the demand game." '''Population Ecology''' 47(1): 31-39.~
--''Yukari Suzuki'', Lina G. Kawaguchi, and Yukihiko Toquenaga (2007) "Estimating nest locations of '''Bombus ardens''' from flower distribution and its quality." '''Ecological Research''' 22(2): 220-227.~
--''Yukari Suzuki'' and Yoh Iwasa (2009) "Conflict between groups of players in coupled socio-economic and ecological dynamics." '''Ecological Economics''' 68: 1006-1115.~
--''Yukari Suzuki'' and Yoh Iwasa (2009) "The coupled dynamics of human socio-economic choice and lake water system: the interaction of two sources of nonlinearity." '''Ecological Research''' 24(3): 479-489.~
--''Yukari Suzuki'', Lina G.Kawaguchi, Dulee T. Munidasa, and Yukihiko Toquenaga (2009) "Do bumble bee queens choose nest locations to maximize their foraging rate?" '''Behavioral Ecology and Sociobiology''' 63: 1353-1362.~
--Yoh Iwasa, ''Yukari Suzuki-Ohno'', and Hiroyuki Yokomizo (2009) "Paradox of nutrient removal in coupled socio-economic and ecological dynamics for lake water pollution." '''Theoretical Ecology''' 3: 113-122.~
--''Yukari Suzuki-Ohno'', Maki, N. Inoue, and Kazunori Ohno (2010) "Applying geographic profiling used in the field of criminology for predicting the nest locations of bumble bees." '''Journal of Theoretical Biology''' 265: 211-217.~
--''Yukari Suzuki-Ohno'', Masakado Kawata, and Jotaro Urabe (2012) "Optimal feeding under stoichiometric constraints: A model of compensatory feeding with functional response." '''Oikos''' 121: 569-578.~
--Kobayashi, C, K. Matsuo, K. Watanabe, ''Y. Suzuki-Ohno'', M. Kawata and M Kato. (2015) Arms race between leaf-rolling weevils and parasitoids: diversification of weevil’s plant-manipulation behavior and its consequence. '''Ecological Monographs''' 85: 253-268.
--Suzuki, N., ''Suzuki-Ohno, Y.'', Takakura, K. (2016) Variation of clutch size and trophic egg proportion in a ladybird with and without male-killing bacterial infection. '''Evolutionary Ecology''' 30: 1081-1095.~
--''Suzuki-Ohno, Y.'', K. Morita, N. Nagata, H. Mori, S. Abe, T. Makino, and M. Kawata (in press) Factors restricting the range expansion of the invasive green anole '''Anolis carolinensis''' on Okinawa Island, Japan. '''Ecology and Evolution'''.

-報告書~
--鈴木ゆかり 「生態学的履歴効果と社会学的履歴効果が湖の水質に与える影響」、 『環境省環境技術開発等推進費平成18年度報告書 「健全な湖沼生態系再生のための新しい湖沼管理評価軸の開発」』 pp. 162-181~
--大野(鈴木)ゆかり・巌佐庸 「湖の水質汚染と人々の協力の1水域2集団モデル:環境保護における集団間の対立」、 『環境省環境技術開発等推進費平成19年度報告書「健全な湖沼生態系再生のための新しい湖沼管理評価軸の開発」』 pp. 106-120.~
~
-講究録~
--大野(鈴木)ゆかり 「湖の富栄養化と人々の協力:生態系と社会結合ダイナミクス」 『数理解析研究所講究録1597 第4回生物数学の理論とその応用』 pp. 151-156
~
~
-国際学会 口頭発表~
--''Yukari Suzuki'' and Yoh Iwasa “Coupling two hysteresis mechanisms: ecological and social dynamics in lake water pollution.” Japanese-Korean Joint Meeting for Mathematical Biology, Fukuoka, 2006年9月18日~
--''Yukari Suzuki'' and Yoh Iwasa “Prevention of regime shift in lake system using the coupled dynamics of human socio-economic choice and lake system in water pollution problem.” The Joint Annual Meetings of the Society for Mathematical Biology and the Japanese Society for Mathematical Biology, San Jose, California, 2007年7月31日~
--''Yukari Suzuki-Ohno'', Lina G. Kawaguchi, Dulee T. Munidasa, and Yukihiko Toquenaga “Predicting bumble bee’s nest locations from flower distribution, and its quality.” Annual Meetings of Ecological Society of America, Milwaukee, Wisconsin, 2008年8月4日~
~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS